Journal

STANCEY RAMARS “M-88”

DSC_7200

「WARP MAGAZINE」

金沢も特集されるという事で、私と妻が何故か載っております。

近隣のショップさんや、いつもお世話になっている「八十四番地」さんも紹介されています。

全国紙で知っている人がたくさん出ているのは なんだか嬉しいものですね。

皆さんも 是非ご覧になってみてください。

 

さて、本日は

DSC_7100

スポット入荷の「STANCEY RAMARS」(スタンシー ラマーズ)をご紹介。

DSC_7169
STANCEY RAMARS “M-88” c.SL/DM ¥31,000(+tax)

インナーセルは もはや珍しいものではありませんが、メタルの質感と全体のボリュームバランスが やや無骨な雰囲気を出してくれています。

DSC_7171
インナーセルは表側はリム見えるよう薄く、裏側はボリューム持たせており独特の存在感を出しています。

DSC_7137
大振りとまではいきませんが、ウチでも人気のCF-598やayame “FOCUS”よりも少し大きめです。
リム上部のラインが眉と重なる位の位置で掛けられる場合は、是非カラーレンズカスタムを楽しんでいただきたいですね。自分のように眉毛がボーンと飛び出す場合は、クリア、もしくは眼の透ける程度の濃度のカラーレンズにしましょう。濃いカラー、薄いカラー、どちらも自分の中ではバッチリな組み合わせのイメージは出来上がっています。そこらあたりの詳細は店頭にて。

DSC_7173
STANCEY RAMARS “M-88” c.BK/BE ¥31,000(+tax)

個人的に好きなカラーの組み合わせです。

DSC_7174
ベージュの部分はフレーム単品で見れば 派手に見られるかもしれませんが

DSC_7139

ブラックのメタルリムとのコントラストも相まって、とっても肌に馴染みやすく、我々日本人には相性ぴったしなのです。
こちらもカラーカスタムすると 180度性質の違う物に変わります。ご相談ください。

DSC_7165
STANCEY RAMARS “M-88” c.SL/NV¥31,000(+tax)

DSC_7167
アンティークシルバー/ネイビーも用意しました。

こちらもなかなかに無骨な雰囲気を出していますね。

女性にも挑戦していただきたいフレームです。

是非是非、お試しくださいませ。

遠方の方は お気軽にお問い合わせください~。

 

 

 

Shop info

tel
076-260-7551
mail
info@maryloueyes.jp
address
〒920-0962 石川県金沢市広坂1-1-28
open
12:00 - 16:30(受付16:00迄)
当日の営業時間はInstagramをご確認くださいませ
close
水曜日 木曜日