Journal

南部鉄器のフライパン。やがて10年と少し使っている。

使い始めの頃は 具合が分からず、よく焦がしていたけれど、慣れ始めた頃、単なる目玉焼きが こうも美味しく焼けるのかと感動した。

使ったらすぐ洗い、乾かした後には油ならし。手間は掛かるものの、美味しさを知った以上テフロンのフライパンには戻れない。そもそも道具の「手入れ」という作業は好きな性格なので、相性は良かったんだと思う。

油が馴染み、派手に焦げつく事は無かったけれど、よくよく見ると焦げの層があった。

少し前に せせらぎ通りにあるオシャレな餃子屋の友人から、フライパンをカンカンに焼いて焦げを焼きからし、炭化させ削り落とさないと取れないと聞いていたので今日実践した。

我が家のIHでは火力が足らず、火力強めのカセットコンロでカンカンに焼くと、しばらくして七輪で炭を火起こしをした時と同じ臭いがし始めた。焦げが炭化したサインなんだと思う。

そういえば我が家には金属のヘラが無い。やむを得ず、フライ返しでガリガリ擦ると面白いように焦げが取れる。金たわしも使い削り落とし、お湯洗い。さっと拭き、火にかけ水気を飛ばし、薄く油を塗ると綺麗に黒光りするフライパンへと蘇った。

仕上げも兼ねて、味噌汁に使う野菜を炒める。野菜がスルスルと滑りながら良い香りを放ち始める。今までは鉄じゃなくて焦げの上で炒めていたんだなと思ってしまうくらいに違いがある。

南部鉄器は割れたりしない限り一生使えると聞いた。10年使ってこれだから本当なんだろうなと、なかなか昼寝から目覚めない息子を眺める夕暮れ時。

 

 

 

Shop info

tel
076-260-7551
mail
info@maryloueyes.jp
address
〒920-0962 石川県金沢市広坂1-1-28
open
12:00 - 16:30(受付16:00迄)
当日の営業時間はInstagramをご確認くださいませ
close
水曜日 木曜日