Journal

やっぱり古いものは好きみたいです

 

2月に入りました。

時間の体感スピードの速さは年齢を重ねるにつれ早くなるばかり。

このままではあっという間に年末を迎えそうです。

どうでも良い話ではありますが、自分の中での古着、ヴィンテージの波が久しぶりにやってきました。

友人やお世話になっている方々が素晴らしいヴィンテージショップを営んでくれているおかげで、自分にとっては良いものが入手しやすい環境にあるように思います。ラッキーです。

年代にはあまりこだわらない方ではありますが、やはり古いものにあるディテールや機能美には惹かれますよね。

こちらは先日友人のお店で購入したフレンチのハンティング。40年代ながらボタンは全てオリジナル、ピケ素材、背面の動物入れ?や、ブラウンのインナー、襟の補強ステッチと心くすぐる仕様満載。コンディションも年代を考えれば かなり良い方だと思います。

オーバーサイズながら、今の気分には それもマッチしています。

確実に自分よりも大柄な男性が着用していただろうサイズにも関わらず、袖のレングスはかなり短め。

元の持ち主が 高身長ではなく、ふっくらと大らかな体型だったのか、それとも狩りの際に袖が邪魔で敢えて短くしていたのか、なんて事を思い浮かべながら服を選んでいる時間は楽しいものです。

袖を伸ばす事も可能とのことでしたが、自分の仕事中は袖をまくることが多いので短いのは好都合かも。むしろこの短い感じは結構アリなんじゃない?どう?ん~?なんか格好良く見えてきた。なんて話しながら財布からカードが飛び出してきました。

 

 


7~8年前に購入した50年代のフレンチのアトリエコート。

先週あたりから、服装の中に古着を何かしら一つ組み込むというルールを課しています。

ここ最近は どこか惰性で服を選んでいるような気がしていたので、こういった決め事があることで 久しぶりに服選びが凄く楽しいなーなんていう今日この頃です。

 

 

はあ?

 

んふぅっ。

 

とりあえず今は お店で着るにも、世の中の流れ的にも?ヨーロッパ物が、気分です。

 

青い、首までバシッと留められる 結構長いの、探してます。

 

アリちゃん

 

よろしく 笑

 

 

 

 

 

 

 

Shop info

tel
076-260-7551
mail
info@maryloueyes.jp
address
〒920-0962 石川県金沢市広坂1-1-28
open
12時〜19時
close
水曜不定休